理事長ご挨拶

DSCF9217

2011年3月11日、東日本大震災が発生し沢山の尊い命が犠牲になりました。
また、津波や放射線の影響等、慣れ親しんだ家・土地を失い、新たな環境での生活を余儀なくされる等、
人々の生活が一変しました。
東日本大震災から2年以上が経過し、震災以前の生活に戻りつつある方もいらっしゃいます。
しかし、住宅を建てられる資金や十分な土地がなく、また仮設住宅から引っ越しをしたくとも
物件がないといった理由から、今もなお、沢山の方たちが仮設住宅に住み、大変な思いをされ生活されています。
さらに、仮設住宅にお住まいの方の中には、今後の生活に対する不安や現在の環境等にストレスを抱え、
心身ともに追いこまれてしまっている方がたがおります。
しかし、公営住宅の整備が間に合わない可能性も考慮すると、
今後も沢山の方が仮設住宅での生活を余儀なくされる事が予想されます。
このような現状を踏まえ、私たちができることは、現地の声をしっかりと聞き、ニーズに合わせた生活支援、
傾聴活動、心のケア等を行い、被災地の方々の生活向上のお手伝いをすることだと考えます。
そして各々の自立支援にも繋がる様に工夫し、現地の状況を聞きながら長い復興への期間を共に歩んで行ける様
取り組んでいきたいと考えています。
さらに、この活動を通じ、次なる震災が起きた時に、
迅速な行動かつ慎重に動ける人材の育成も行いたいと考えております。
しかしながら、上記のような趣旨も踏まえ、
個人レベルで上記の活動を継続的に行っていくのは困難であるのも現実です。
また、活動を地域社会に定着させていきたいと考えておりますが、それも個人の力では限界があります。
そこでこれらの活動を継続的に実施し、さらに活動の支援や運営を行なう組織が必要であると考え、
当法人の設立に至りました。
具体的には、被災地への支援事業、地域の活性化へ繋がる事業や子ども達の心のケアに関する活動、
お年寄りの生活を援助する事業を行うことを計画しております。
当法人の活動を通じて、被災地の復興に貢献し、さらに被災者一人一人の不安や悩みを解消する事で、
人々が思いやりを持って笑顔で暮らせる健全な社会の実現に寄与することができればと考えております。
本当人の目的、設立趣旨をふまえると、営利を目的とする法人格よりも、
社会貢献や不特定多数の物の利益に寄与することを重要視する特定非営利活動法人の方が
母体としては望ましいと考えておりました。
さらには、当法人の活動内容を広く一般市民に対して知らせると同時に、
より多くの人々に当法人の活動に参加していただきたいと考えており、
積極的に情報公開をしながら法人運営をしていこうと考えております。
このホームページを通じて、たくさんの皆様に
活動を知っていただけましたら大変嬉しく思います。

 

特定非営利活動法人 NALUの会サポートセンター
理事長 小野昭光